大阪・真田山公園 犬の学校・しつけ教室「プルミエール迎賓館」

お電話かメールでお問い合わせ

2019年02月26日

犬の花粉症

少しずつ暖かくなり、花粉症の方は辛い季節になってきますね…
じつは、犬にも花粉症があるのはご存知でしたか?
正確には、花粉に対するアレルギー反応で色々な症状がでるようです。
くしゃみが出やすくなったり、目やに、身体のかゆみから壁や床にこすりつけたり身体をかく行動が増えたり、発疹が出たりします。ワンちゃんはくしゃみなどよりも皮膚に花粉の影響が出やすいようです。

では、どのようにワンちゃんの花粉対策をすればいいのか?

☆まずは身体の中から!
花粉症の影響で粘膜や皮膚トラブルをハーブやビタミンA・Cなどの栄養素を取り込むことで症状を緩和させたり予防に繋げましょう。
ハーブはローズヒップやマシュマロウなどが粘膜や皮膚を健やかに保ち、ビタミンも同時に吸収することができます。ローズヒップには抗酸化作用があり免疫アップにつながります︎
お野菜から、ビタミンをプラスしてあげるのお手軽です。
ニンジンやパセリ、カリフラワーやブロッコリーなどビタミンが豊富なお野菜をいつものご飯にトッピングしてあげたり、おやつとして与えてみてはいかがですか?

☆乾燥させない
ワンちゃんは全身 毛で覆われているため帯電しやすくなっています
その静電気による花粉の付着は約2倍にもなるようです。
外へ行く時は、服を着せて体に花粉の付着をふせぎ、
部屋では静電気を発生させないよう加湿器などをおき湿度をあげてあげましょう。
静電気をためないようにするワンちゃん用の防止スプレーもありますのでそちらも併用してあげるといいでしょう。

☆体をふいてあげる
お散歩後には、沢山の花粉が体についていますので
乾いたタオルでふいてあげ、お部屋で静電気防止スプレーを使いブラッシングしてあげましょう!

☆お散歩時間の見直し
花粉のピークは12時と18時頃のようです。
朝は10時ごらから出始め12時にピークを迎えます。そこから一旦落ち着いていき
夕方の16時ごらからまた出始め18時に2回目のピークを迎えるようです。
(あくまでも目安です。)
可能なら、このピーク時のお散歩をさけてあげるのも一つの方法です。


最近、ワンちゃんのクシャミが多くなっていたり 身体に発疹が出始めていませんか?
心当たりのある方は
一度ワンちゃんのアレルギー検査をしてみてはいかがでしようか?

16AD2DAB-9A02-49A1-9506-C16FBE70048E.jpeg
posted by プルミエール迎賓館STAFF at 16:06| ワンちゃんの豆知識