大阪・真田山公園 犬の学校・しつけ教室「プルミエール迎賓館」

お電話かメールでお問い合わせ

2019年08月20日

犬0.5kgは、人の7.5kg︎ ダイエットについて



まだまだ暑い8月。お散歩にも行きにくい日々が続きますね…

冬場と違いエネルギー消費が極端に少なくなる夏場は、とくに体重の増加に注意しなければなりません。
増えるのはあっという間ですが、落とすのには なかなか時間がかかってしまいます。

「見た目もあまり変わらないし、ちょっとくらい増えても大丈夫」などと思う方も沢山いるかと思います。
ですが!!
それはワンちゃんにとって危険な思い込みとなってしまうかも知れません。
3sのワンちゃんが0.5kg増えたとしましょう
それは、50sの人が7.5kg増えた事と同じ計算になるようです。
皆さんが今よりも7.5kgも増えたら、きっとダイエットに励むのでは無いでしょうか?

また、太る事で体への負担から病気のリスクも上がってしまいます。
・関節へ炎症
体重の増加により足や腰に負荷がかかってしまい炎症が起きてしまいやすくなります
・呼吸器系の心臓の病気
脂肪の増加により内臓を圧迫し呼吸器などに負担がかかってしまいます
・便秘
など、他にも沢山のリスクと隣り合わせとなってしまいます。


愛犬を病気から守るには、適切な体重の維持も飼い主にとって重要な役割となってくるのです。


では、増えてしまった体重を減らす具体的な方法は、何があるのでしょうか?

○運動量の増加
お散歩回数や時間をふやしてあげましょう。
ですが、これは夏場には不向きな方法です。夏は犬用プールなどに連れて行くと効果的です。

○ダイエット用のフードに切り替え
カロリーの抑えられたフードに切り替え、今食べている量から少しずつ量を減らしていきましょう

○オヤツ類をへらす
市販のオヤツは意外とカロリーが高いものです。
どうしてもあげたい方は、カロリーの少ないお野菜などをオヤツとして与えていきましょう
また、オヤツを沢山食べたと思った時は、ご飯の量を減らしてあげましょう



自分のワンちゃんが適正な体型かどうか分からない方は
ぜひ、トレーナーに相談ください。
見分け方やご飯についても、ご説明させて頂きます。


35911F6A-F289-496F-BBF8-5F90ED095407.jpeg




posted by プルミエール迎賓館STAFF at 15:13| ワンちゃんの豆知識